働き続けるには、家族との時間が必要!!

コミュニケーション

「自分の時間」と「家族との時間」

最近になって、「自分の時間」と「家族との時間」が心地いいバランスだと、働くことが2倍以上楽しくなるってことに気付きました。家族のための自己犠牲の時間じゃなくて、家族と一緒に過ごす時間があるからこそ、仕事への意欲が沸くんだなって、実感してます!!

 

「自分の時間」と「家族との時間」を、自分でコントロールすることで、毎日のシアワセ度数も、自分でコントロールできちゃいます。

 

 

以前は、仕事が面白くて、お客さんと話をしていると、おひとりさまだったら、家族のことを気にせず、この場にずっといられるのになって、思ったりしてました。

 

30代の勤め人の頃は、残業で何日も食事が作れなかったり、会話が無くても、「仕事だから、しかたがない」とお互いが、仮面の大人の対応をしてました。だけどそんな状況だと、時間を共有する休日になると、お互いに口調が強くなるんですよね。

 

40代の自営業になった頃は、仕事に振り回されているのに、家族の休みにできる限り合わせようとして、自分だけが合わせてる感覚になってました。自分だけ、頑張ってる、我慢してるっていう、勘違い度数がマックスな時代でした。

 

それが、50代になったときには、「いやいや、気が休まる人や時間や場所があるから、仕事にエネルギーを注げるんだ」って感じるようになりました。家族のために、自分の時間を犠牲にしてるんじゃなくて、自分のために、家族との時間を共有してるんですよね。

 

「家族と過ごす時間」も「自分の時間」な訳です。自分の時間をどう管理するかで、「シアワセ度数」が決まるんだなって、つくづく思います。

 

 

まとめ

以前は、「家族と過ごす時間」は、「自分の時間」を犠牲にしてると感じていた。家族のことを気にしなくていいなら、全部「自分の時間」として自由に使える。だけど、50代になって、「家族と過ごす時間」があるからこそ、仕事にも精が出るって思うようになった。「家族との時間」と「自分の時間」のバランスを上手にとって、自分で「シアワセ」を作っていきたい。

 

投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE