お節介にならない、粋な気遣いポイントは?

コミュニケーション

さり気ない気遣い

住んでいる地域の方から、粋な気遣いを受けると、心から嬉しいなって感じます。地域の方とのお付き合いって、上手にやらないと、めんどくさい問題になりがちですよね。

 

私の場合、生まれ育った地域とは違う場所に、仕事の都合で住むことになりました。縁あって、たまたま住むこになった場所です。移り住んで、地域の方と少しずつ顔見知りになって、そのうち、多くもなく、少なくない、ちょうどいい具合に気遣いをしてくださる方が、できてきました。

 

 

先日、元々この地域に住んでいる方が、ふらっとお土産を渡しに、我が家に来てくださいました。それが、粋なんですよね~。

 

移り住んできた当初は、特に昔からこの地域に住んでいる方からのお土産って、「もらったはいいけど、どうしよう?!」って、微妙な感覚でした。お土産って、義理で渡すってイメージがあって、「もらったからには、お返ししなくては」っていう思いがあったんですよね。

 

だけど、粋なお土産ってのは、「お返ししなくちゃ!!」なんて、思わないんです。お土産は、あくまでも、暮らしや楽しんできたことを話すきっかけなんですよね。

 

じゃあ、その「粋なお土産」って何が違うんだろうって考えると、相手に負担をかけない程度のお土産と、渡す時の会話かなぁって思います。いつ、誰と、どうして、だけを話す!! 相手の時間を余分に奪わないようにしてるんですよね。そうなると、お土産をいただく側も、話を聞きたくなるんです!!

 

上から目線じゃない気遣いをしていただけるので、何年経っても、気持ちよくお付き合いができるんですよね。

 

 

まとめ

生まれ育った地域を離れて、仕事の都合で住み始めた今の場所は、元々知り合いはいなかった。それが、少しずつ顔見知りが増えていって、今では、お土産をいただけるまでの関係になった。しかも、気遣いが粋!! お土産は、あくまでも話をするきっかけ。しかも、その話の内容も簡潔で、相手の時間を奪わないようにしている。そんな気遣いが感じられると、余計に話を聞きたくなる。気持ちよくご近所付き合いができる極意を知った。

 

投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE