アラシス男子の相方の取り扱い方とは?!

コミュニケーション

「相方との時間」と「自分の時間」

25年以上も夫婦をやっていると、自宅で一緒に過ごす時間が少ない方が、2人の関係が良好。この先、歳を重ねるごとに、自宅に一緒にいる時間が長くなることを想像すると、不自由さにイライラが募る様子が浮かんできた。自分の時間を、ちゃんと大切に使わないから相方にイライラが募る!! 知らないうちに、相方の時間に合わせることや一緒にいることが、家庭の平和に繋がると思い込んでいた。

 

「将来こんな風になりたい」なんて、何だかやりたいことを口にしている割には、行動してないやん!! やるべきことをはっきりさせないで、うじうじと考えているだけの自分に気が付いた。

 

そこで、相方の時間に合わせている自分の暮らし方を、もうそろそろ開放しよう!!と、アラフィフから少しずつ意識を変え始めた。まずは、自分の心地いい未来を作るために、休日を相方と一緒に過ごすよりも、自分の予定を優先するようにした。相方が休みの週末にも、仕事、セミナー、友人とのたわいもないオシャベリに積極的に出掛けている。

 

 

家族の時間を上手く過ごす方法

IMG_2818

 

お互いの考え方や環境の変化に合わせて、暮らし方を変える準備を少しずつ進める。相方にも、変わっていただく必要あり!!

 

とは言っても、意識がない相方は、いつも通りの休日を過ごす。私が週末の2日間とも出かける時は、気持ちよく出かけるために、3つのポイントを心掛けている。

 

【休日に相方を置いて出かけるときの3つの心掛け】

①食事の用意をしておく

②帰ったら、相方のその日の出来事を聴く

③優しい言葉で話す

 

60歳に近づいて来た頃から、休日の時間を持て余す相方に、家の中で気になることを具体的に相談しておくと、私が留守の間に解決しておいてくれるようになった。

 

 

まとめ

25年以上も夫婦をやっていると、自宅で一緒にいる時間が長いとイライラしてくる!! だけどそれって、相方の時間に合わせて自分が動いているから。一緒に過ごすことが家庭の平和に繋がると思っていたけど、実は逆効果だと分かって、50歳になった頃から、休日は、相方と過ごすよりも、自分の予定を優先して出かけるようにした。とは言え、完全に相方を放置するのではなく、気遣いを忘れないようにしている。少しの心掛けが、夫婦の関係を良好に保ってくれている。

 

投資の基礎を学ぼう!!

お助け塾バナー

お客様の声バナー

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE