60歳の相方の『取り扱い変更』で幸せになれる!!

コミュニケーション

60歳手前の変化

相方が、今年60歳を迎えました。知らぬ間に、親との時間よりも長い時間を共有してたことにビックリです!! しかも、まだ継続中。今や、2人に1人は90歳まで生きる時代。ってことは、あと30年近く、同じ時間を共に過ごす訳です。

 

今まで同じ時間を過ごしてきてるので、お互いに「踏み込まない方が良いポイント」は理解してます。「ここは相方の意見を聞き入れた方が、ノリノリで気持ちよく事が進むな」ってタイミングも知ってます。

 

だけど、相方が60歳に近づくこの2~3年は、今までの取り扱いでは、通用しないことが出てきてました。この時期って、変わるタイミングだったんです!! もっと早く気がつけば良かった!!

 

そんなこと全然気がつかなかったので、時々、イラッとしちゃってました~。

 

 

小5の男子

IMG_3986

 

今までは、勢いで何となく暮らしてきましたが、相方が60歳になったこれからは、小5の男子だと思って扱うことにしました。見た目と中身が、真逆になってくるってことに気づいちゃいましたからね!!

 

例えば、仕事から帰ってきたら

「今日は何があった?」

「ちゃんと食事をした?」

「明日は何があるの?」

学校から帰ってきて、自分から話をしなくなった小5の男子に質問するようにね。本音を言うと、めんどくさいんですけど、やり続けると、効果覿面!!

 

単純なことですが、続けると、相手にちょっとずつ効いてきて、以前より話をするようになりました。家庭は、単純でないと、将来の希望を実現できないですよね!!

 

 

まとめ

相方が60歳になり、親との時間よりも長い時間を一緒に過ごしてきて、どうも、今までどおりの接し方ではうまくいかないことが出てきた。60歳は変化の時。それに気づかないうちは、イラッとすることもあったけど、これからは、小5の男子だと思って取扱い方法を変えることにした。そうしたら、イラッとすることもなくなったし、相方も変化してきた。夫婦も、時と共に接し方を変えると、ずっと幸せに暮らせると思う。

 

投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE