50代で『なぜ結婚したか』を考えると、未来が楽しくなる!!

コミュニケーション

結婚は気の迷い?

50代になって、これからは「自分で選択している意識を持つと、より楽しくなるんじゃないか」と思うようになりました。今まで、特に意識もしないで選んできたことって、たくさんあります。その1つが、結婚。どうやら、遠い昔に「結婚すること」を選択したみたいです。「何を基準に結婚したんだろう?」って、改めて考えると、変わり映えしない普通の暮らしも、楽しく感じられるんじゃないですかね?

 

確か・・・、始まりって、こんな感じでした。

話をしていると楽しい → 長い時間一緒にいたい → もっと長い時間いたい → 一緒の未来は楽しいかも → 2人の方が楽しい → 2人だから多くのことが体験できる → 一緒に暮らし始める

 

 

今は何を思う?

IMG_8871

 

結婚して2~3年は、ウキウキの恋愛の延長でした。

 

それが今では・・・?

 

60代が目前に迫ってきている今は、相方への期待がなくなりました。相方への依存心がなくなったことで、思いっきりの本気のケンカがなくなりました。相方には安心感がある状態ですかね。

 

良いことも悪いことも分かってきた相方との暮らしを、改めて見直すと、普通に暮らせることがありがたく思えてきます。50代後半になって、男でも女でもない感覚になったことで、より楽ちんになった気がします。

 

今や人生100年の時代。折り返し地点の50代で、「自分で相方を結婚相手として選択した」ってことを意識すると、気持ち良く暮らせるのかもしれません。

 

 

まとめ

今まで、色んな選択をしながら生きてきたけど、無意識に選んでいることって多い。結婚もその1つ。だけど、ちゃんと自分で「相方を選んだ」ってことを意識すると、この先の長い人生も気持ちよく暮らせる。普通に暮らせるって、それだけでありがたいです!!
投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE