60代を迎える夫婦。どう向き合えばいい?

コミュニケーション

結婚後の生活

どうして相方を結婚相手に選んだんだろうって、当時の記憶を呼び起こそうとすることがあります。今では、あの頃のトキメキがないことだけは、確信してます。

 

1つ記憶にあるのは、結婚しても、それまでどおりに、ちゃんと仕事をしたいって思ってたこと。結婚後も仕事を続けることが大前提でした。今までの暮らし方を変える結婚だけは、したくなかったんですよね。働かないってことは、収入が無くなるってことで、そんな不自由な暮らしは想像できませんでした。

 

勤めていた頃は、月曜日から金曜日はルーティーンをこなし、土曜日と日曜日は、平日にたまった雑務を片付ける。これだけで時間が過ぎていきました。だから、相方とたくさんケンカした記憶があります!! 時間に余裕がないから、話し合いじゃなくて、命令みたいな会話になっちゃってたんですよね。

 

 

50代からの変化

IMG_E4191

 

結婚して10年くらいは「今の暮らし」を整えることに意識がいってましたが、40代になってから、少しずつ将来のことを考えるようになりました。将来のことを考えると、必ずお金が絡んできますよね。働いて収入はあっても、不安は拭いきれませんでした。

 

不安を抱きながら40代を過ごし、50代になって、ようやく投資の勉強を始めました。自分に合ったお金の殖やし方を論理的に学んだら、不安が解消されました!!

 

そうなると、相方との関係も変わるんです。ケンカがなくなった!! 自分で将来のお金の計画を立てられなかった時は、相方に頼っていたから、相方に答えを求めて、迫っていたんだと思います。

 

60代になったら、いつもは手は繋げなくても、大切な時には手を繋げるって、確信できる間柄になってます。トキメキは、ないですけどね!!

 

 

まとめ

結婚して10年くらいは、お互いに仕事が忙しく、時間に余裕がないから、よくケンカした。40代になったら、将来のお金の不安が大きくなり、相方に解決方法を見つけてほしくて、イライラしてよくケンカした。50代になって、相方に依存するんじゃなくて、自分でお金を殖やす方法を学ぶことにした。長期投資を始めたら、不安が解消されて、相方とケンカしなくなった。60代になったら、大切な時に支え合える関係でいられるって確信がある。

 

投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE