更年期も乗り越えられた!! 魔法の言葉とは??

コミュニケーション

意識して「ありがとう」を言う!!

アラフィフの頃は、更年期の影響か、片頭痛などの体調が悪い日が増えて、漠然と不安を抱えていた。そんな時に迷惑を掛けるのは、決まって家族だった。やつあたりをしたり、業務連絡以外の会話も無くて、とにかく暗い日々が続いた。そこで、この暗い雰囲気を脱皮しようと始めたのが、「ありがとう」を言うことだった。

まずは、家族の中で「やってもらってあたりまえ」の感覚を捨てて、あたりまえではないことに「ありがとう」を言う。意識して「ありがとう」を言い始めると、感謝の気持ちがちゃんと家族に伝わり、言った自分自身が心地よく毎日を暮らせるようになってきた。いつごろからか、自分が言葉に出して言うようになると、家族も「ありがとう」と言うようになった。言われることで、「なんて心地いい言葉なの!!」と感じるようになって、今では意識せずに、自然に言えるようになった。

 

ありがとうパワー

IMG_5436

コーヒーを入れてくれて「ありがとう」、ご飯をよそってくれて「ありがとう」、洗濯をしてくれて「ありがとう」と言ったら、ありがとうパワーは、怖いぐらいのお返しが来る。簡単な言葉で、らくちんが増えた!!

「ありがとう」のパワーはどこにでも進出できることも知った。慣れ親しみ過ぎて言いにくくなっていた家族に「ありがとう」が言えると、仕事や友達に対して、心の底から「ありがたいなぁ~」と思うように変わってきた。

家族が上機嫌な雰囲気になっていると、おひとりさまで出かける時も、気分よく出かけられる。自分の未来のために、時間が使えるようになった。行きたい時に行けることの自由さは、何よりもストレスが生まれないから、余計に気持ちいい。

 

まとめ

「ありがとう」にはすごいパワーがある。今までの「やってもらってあたりまえ」という感覚を捨てて、やってくれて「ありがとう」を伝えるようにしたら、暗かった家族の雰囲気が変わってきた。言われる方も、言った方も、心地よく暮らせる。家族が心地よく暮らせている状態だと、おひとりさまの時間を自由に気分よく使えて、自分の未来を考える幅が広がる。

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE