小隠れ家はなぜ必要なのか??

コミュニケーション

ひとりの時間

ひとりでふらっと行ける場所を作って、頭の中と心の中を整理したり、ワクワクすることを妄想したりしている。大げさではない距離を移動して、雑誌からプチ情報をいただいて、暮らしの中で、チョットだけ贅沢な時間を意識している。

 

女子が結婚後も仕事をするには、自宅兼仕事場は、移動時間が無くて、効率がいい。勤めていた時と違って、時短になることや諸費用が余分にかからないのは良い点。ただ、この環境に慣れると、移動時間が無いことで、自分自身でオンとオフを切り替えなきゃいけない難しさを知った。ストレスを積もらせないためにも、切り替え方法をいくつか自分で持っていると、時勢の情報をキャッチして、働くコトを継続できるチカラになることに気が付いた。

 

とは言え、たまには特別な休みをたんまりとって、旅行もしたい!! たまに行く旅行は、「集中力」や「継続力」や「発見力」を高めてくれる。「明日からまたやりまっせー!!」になる。特別な休みとは別に、毎日の暮らしの中での、プチストレス解消には、小隠れ家に行くのがもってこい。自分のルールを作って、小隠れ家に行って、ホッとする自分だけの空間で時間を作ることを習慣にして、切り替えをしている。

 

 

選ぶポイント

img_6202

 

【プチストレス解消をする場所を選ぶポイント】

●ひとりで、目的も無くても気軽に行ける

●行く場所を何ヶ所かに絞る

●出掛けるコトをプチ習慣にする

 

 

まとめ

自宅にこもっていると、息づまってくる。たまには旅行に出かけて、英気を養うのもいいけど、そんなにしょっちゅう行ってられない。だから、毎日の暮らしの中で、気軽に行ける場所を作って、フッと息抜きするようにしている。自分だけのお気に入りの隠れ家へ行くと、新しい情報をキャッチできたり、これからのやる気の継続につながる。

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE