熟熟50代夫婦が仲良しでいられる過ごし方って??

コミュニケーション

鵜飼いのイメージ

50代の夫婦って、マンネリ化が半端ない。険悪でもない、いたって普通の平和な毎日。ただ、時々、自分の中にあった乙女のトキメキやドキドキは、幻だったのか??と思うことがある。

 

結婚という形で長い時間を共に過ごすうちに、相方に望むことが変わってきたことに気づいた。それは、「お互いの優先順位を心地よく認めて、放っておいてほしい」ってこと。だけどそれは、全くの野放しよりも、鵜飼いの鵜のようなイメージ!!

 

鵜匠が、自分か?相方か?は、時と場合によって変化するけど、一緒に過ごすよりも、自分の時間を持つことで、夫婦の関係が心地いい状態になっていることに気づいた。

 

 

連休の過ごし方

IMG_0209

 

50代になって、連休の過ごし方が変わった。30代の頃は、旅行だのバーベキューだのと出かけて、40代になると、自宅の庭に友人や知人を招いて、ご飯を食べたり、飲んだり、休日を「非日常を味わうイベントの日」にしていた。

 

今は、お互いの優先順位を決めてから、一緒に過ごす時間を作ることにしている。ルールは、お互いの優先順位は、出来るだけ早めに伝えること。早めに伝えることで、「気を使ってます!!」をアピール!! 勝手なことをしている感じを、相方に与えないことを心がけている。

 

10代の頃の乙女のトキメキやドキドキは、相方に無くなってしまっているけど、鵜匠として君臨していく、新たな目標を見つけた!! これを意識すると、もう少し、夫婦として続けられそうな気がしている。

 

 

まとめ

夫婦も50代になるとマンネリ化してきて、乙女の頃のトキメキやドキドキは幻だったのか?!と思う。とは言え、今は相方に求めるのは、トキメキではなく「放っておいてほしい」ってこと。ただし、全くの野放しよりも、鵜飼の鵜のようなイメージ。鵜匠が自分か相方かは、時と場合によって変わるけど、それぞれに自分の時間を持つことが、夫婦仲良く過ごす秘訣。お互いの予定はなるべく早く伝えることをルールにして、自分の時間を気持ちよく過ごしている。

 

投資の基礎を学ぼう!!

お助け塾バナー

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE