テクニックで老いをカバーする!! ナゼ、50代になってから服の買い方を変えたのか?

コーディネート

テクニックで老いを補う

50代になったころから顔や体が変わってきたことを、ハッキリと自覚している。刺激や情報を持っている人たちの多くは、30代や40代のピカピカに輝いている女盛り!! そこにまぜてもらう時に、自分だけ老けて見られるのも、特別に見られるのも、同じ女子としては耐えられない。ステキ女子に気持ちよくまぜてもらうために、自分のスタイリングを作って、キレイに見えるテクニックを考えた。

 

これからは、自分をどう見せたいかを考えて、テクニックをつけることにした。「シワだって、私よ!!」なんて思える自分になる。小洒落て見えるテクニックを磨くことで、旬な人と出会えるチャンスをゲットすることを意識した。

 

30代や40代の頃は、「もう若くない」と思いつつ、本心では「まだまだ行ける」とどこかで思っていた時期。50代になってからは、自分の顔や体の変化を自覚して、感覚だけでは無く、考えて、老いをカバーすることにしている。

 

 

アイテムの2つの軸

img_6881

 

日常は、いろいろな業種や年齢の方と会うためにも、仕事とプライベートのスタイリングの境目をあいまいにしている。話しかけられやすい見た目を意識している。30代や40代の頃は、自分をどう見せたいかよりも、自分の好きなモノを着ていた。

 

50代になってからは、清潔感とレフ板効果で「白いシャツ」を着ることを1つの軸にしている。アイテムとカラーの中心を決めてからは、無駄な買い足しも無くなった。

 

2つ目は、トラッドを基本にしたメンズライクなアイテムで、崩れ始めた体系をカバーしている。ジャケットを加えれば、仕事用に変身できる。少しだけボトムスをカジュアル化させて、若々しい組み合わせにしている。

 

 

まとめ

50代になって、顔や体の変化をハッキリと自覚した。見た目は変わっても、旬な30代・40代の人たちと会って、新しい刺激や情報を入手したい気持ちは変わらない。旬な人たちに気持ちよくまぜてもらうために、自分のスタイリングを作って、キレイに見えるテクニックを磨くことにした。感覚だけではなく、考えて、老いをカバーすることが大切。

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE