掃除なんてしたくない!! 玄関のマットで解決策を見つけた!!

コーディネート

外側と内側の二刀流

玄関のマットを外側と内側に敷くことで、室内の汚れが格段に少なくなる。玄関の外側には、泥や土ぼこりの侵入を食い止めるマットを敷く。内側に、ほこりを食い止めるマットを敷けば、二重で汚れを食い止めるコトができて、掃除をする回数が減る。

 

玄関は、色々な人が入ってくる場所。良い人しか訪れてこないようにしたい。良い気をたくさん取り入れるためにも、常に玄関は清潔にしておきたい。外側と内側のマットで、まずは汚れないようにすることが大切。

 

img_5744

 

外側のマットは、雨や風にさらされても大丈夫なゴム製のモノ。玄関のサイズより大きめのものを選ぶことで、玄関周りがゆったり見える。風に飛ばされにくい大きめのサイズは、COSTCO(コストコ)やIKEA(イケア)で購入する。

 

img_5742

 

内側のマットも、土間ギリギリくらいの大きめのものを敷く。夏にはヤシ素材のマット、冬にはウールのマットの天然素材を敷く。ほこりを捕える機能も、インテリアとしての見栄えも必要。内側は、季節の衣替えも出来る。

 

img_5734

 

雨の日には、タオル程の毛足のある吸水性のマットを敷くコトで、ほとんどの靴裏の水分は吸収できる。雨の日だけの出番のマットの収納は、クルクルと巻いて立てて下駄箱に収納できる。

 

 

まとめ

玄関は良い気をたくさん取り入れる場所だから、常に清潔にしておきたい。そのためには、玄関の外側と内側の両方にマットを敷くことが重要。これで部屋の中の汚れが減るから、掃除をする回数も減らせる!! 内側のマットは、インテリアとしての見栄えも必要で、夏と冬で素材を変えると、それぞれの季節を楽しむこともできる。機能とインテリアの両方を兼ね備えたマットで、暮らしを楽しみたい。

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE