春を楽しむための、秋の下草の管理方法!!

植物

50代から「貯める・保つ・楽しむ」を始めた丹羽です♪

 

今日は、「春を楽しむための、秋の下草の管理方法」について書きたいと思います。

 

庭の手入れは、できる限り時間を短くして、キレイを保ちたいです。それには、秋の管理が重要です。たった30分の管理で、新緑の気持ちいい季節の春には、ピッカピッカの新しい葉っぱを迎えることができるんです。

 

我が家のヤブランに、「今年の猛暑にも耐えてくれて、ありがとう」の気持ちを込めて、はさみをサクサクと30分だけ動かします。程よく、腰が痛くなったころが終了の合図です。

 

 

夏の猛暑で葉先が焼けてしまって、飛び散らかっています。あんなに可愛らしくポイントになっていた紫の花も、枯れています。

 

 

はさみで地上に出ている葉っぱをざくざくと刈り込みます。ストレスがたまって、スッキリしたいときの作業にもうってつけです。作業を30分以内で終了できて、他の場所の管理ができてなくても、キレイな庭に見えちゃいます。

 

キレイを保つには、続けることが大切ですよね。そのためには、ルールが必要だなって考えています。

 

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE