アオダモは、ナゼ庭木に最高の役割になるの??

植物

野球のバットの材料

バットの材料として有名な高木落葉樹のアオダモは、庭木として植え込む時に、樹形で庭の雰囲気がガラッと変わる。庭師の腕の見せどころ。

 

樹木を植え込むときに、最初に樹木の種類を決めたら、次に、どんな樹形にするかをよく考えないと、庭の雰囲気がかなり違ってくる。樹木の種類の選択で50%!! 樹形+植え込み方で50%!!

 

この効果が出やすいのが、アオダモ!! それぞれの樹形が全く違うのがアオダモ!!

 

何本も寄り添って作る庭は、アオダモが最高の役割を果たす。一本一本異なる樹形を組み合わせることで、以前からここにあったかのような自然な庭ができる。

 

 

春の楽しみ

IMG_9770

 

アオダモの幹は変化するのが魅力!! 水に濡れると樹皮が緑青、枝は水に浸けていると青い蛍光色!! 幹の色が変わることで、雨の風景も変わる。

 

IMG_9774

 

4月になるとフワフワな白い花が咲く。花が咲く前の硬いつぼみがポーンと弾けて、新芽が出てきた時の力強さを見ると、自分だけの春の楽しみを味わえる。

 

IMG_9772

 

ツボミが開花する時期に出会うと、体感で春が来たことを知れる。

 

 

まとめ

アオダモは一本一本の樹形が全然違うから、庭に植え込むときに、どの樹形にするかで庭の雰囲気がガラッと変わる。頼もしいのは、一本一本異なる樹形を組み合わせることで、自然な庭ができること。水に濡れると幹の色が変化して、雨の風景も楽しめる。

 

投資の基礎を学ぼう!!

お助け塾バナー

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE