クリスマスローズの最大の楽しみ方って??

植物

アイドル並みの目立ちたがり屋

クリスマスローズって、クリスマスの時期には花は咲かない。一年の内の一番庭に出る機会が多い時期に咲く、アイドル並みに注目されたい植物。自分のチャームポイントを、誰よりも分かっているのかもしれない。

 

花の種類が多くなっているから、花のデザインや色を選ぶことで、庭を自分好みの仕上がりにできる。選ぶ花で雰囲気が全然違ってくるから、庭の植物をコーディネートするには、最高に使いやすい植物。

 

そのチャームポイントを最大に活かすには、日陰に植えるのがポイント!! 花期が長くなって、建物の基礎の無機質な表情を和らげてくれるし、敷地も広く感じさせる、一石二鳥な植物。

 

 

クリスマスローズの魅力全開

IMG_0263

 

背丈の違う下草を植え込んで、高木の下に高低差をつける。クリスマスローズを2種類入れて、高低差を出している。下草の高低差をつけることで、建物と植栽の距離を感じて、庭自体のスペースが広く感じられる。

 

IMG_0265

 

植物の草丈で、建物の無機質な基礎を見えなくする。クリスマスローズの背丈は、建物の基礎を隠すにはもってこい!! 建物と庭が馴染みやすく、これも実際の庭のスペースよりも広く感じる。

 

IMG_0259

 

建物際の日陰に植え込むことで、1年の内の庭に出たくなる時期に、花も楽しめる機会が多くできる。

 

 

まとめ

クリスマスローズって、クリスマスの時期には花が咲かなくて、みんなが庭に出たくなる季節の春に花を咲かせる。その方がみんなの視線を集められるからか?! 種類も多く、花の形や色を選べば、自分好みの庭に仕上げることができる。花期が長くなるように、日蔭に植えるのがポイント。建物の基礎の無機質な表情を和らげてくれるし、敷地も広く感じさせる、一石二鳥な植物。

 

投資の基礎を学ぼう!!

お助け塾バナー

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE