初夏のギボウシを10倍楽しむ方法とは⁇

植物

日本で「ボーダーガーデン」は可能??

ギボウシは、高木の根元に植え込んで、葉っぱの色を楽しむのに最適。種類も多く、葉っぱのサイズや色を選び放題!! これはギボウシを使わない手は無い!!

 

イングリッシュガーデンのような、下草の背丈だけで作るボーダーガーデンに憧れはある。でもね、高温多湿の日本では、毎日の庭の手入れでぐったり。そんな環境でも耐えて、忍んでくれる植物の一つがギボウシ!!

 

出来る限り手間を省いても、下草があたかも賑わっているかのように見えるのも、庭を楽しむ方法だと思う。

 

 

初夏の楽しみ方

IMG_0411

 

高木の下草にギボウシを植えると、葉っぱのサイズや色で華やぐ。下草を植え込むと、雑草が生えづらくなるのもメリットの1つ。後ろ側に大葉の背丈のあるギボウシを植え込むことで、ボーダーガーデンになる。

 

IMG_0418

 

初夏の雨が降った後は、葉っぱの上、先端、周りに水滴が現われる。新緑の季節の楽しみになる。

 

IMG_0424

 

葉っぱの上の水滴は、ガラスにも、飴にもみえる。これを見つけると、お得な気持ちになる。

 

 

まとめ

ギボウシは種類が多く、葉っぱのサイズや色を選びたい放題!! 高木の根元を賑やかにしてくれる植物として最適。初夏には、大きな葉っぱに雨露がたまり、これを見つけるとなんだかお得な気分になる。庭にギボウシがあると、新緑の季節をより楽しませてくれる。

 

投資の基礎を学ぼう!!

お助け塾バナー

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE