ツリバナがシンボルツリーを引き立てるワケとは?!

植物

ツリバナを植え込む場所

シンボルツリーの隣に植え込むことで、庭の風景が出来る落葉樹のツリバナ。チカラ強い高木と、柔らかい黄緑色のしなだれる樹形を混ぜることで、庭が賑やかな風景に変わる。

 

庭のフォーカルポイントとして、目のつくところに植え込めば、下草の種類を増やさないでも庭が自然な風景になる。同じ樹形のモノを何本も植え込む場所と、フォーカルポイントの場所をキッチリと考えることで、庭を広く、深く感じることが出来る

 

初夏になる頃に、遠慮がちに葉っぱから垂れ下がって咲く花は、何だか紫外線を浴びるのが嫌いみたいに色白!! 花は直ぐに落ちてしまうからついつい見逃しちゃうけど、花が見れると「ラッキー!!」な気持ちになる

 

 

ツリバナの初夏の表情

IMG_0640

 

シンボルツリーのロドレイヤの深い緑の葉っぱの手前に、柳のようにしなだれるツリバナを植え込む。ロドレイヤの濃い緑色を背景にすると、しなだれる枝ぶりと、薄い黄緑色の葉っぱが引き立つ。

 

IMG_0641

 

葉っぱの下からそそと咲く花は、紫外線を避けているかのよう!!

 

IMG_0645

 

小さなうすピンクの花の群れを見つけると、初夏を感じる。

 

 

まとめ

庭のシンボルツリーの隣にツリバナを植え込むと、庭が賑やかになる。ツリバナは、柔らかい黄緑色の葉っぱと、しなだれる樹形が特徴で、チカラ強い高木と組み合わせると、自然な風景を作ることができる。花は、小さい上に葉っぱの下に垂れ下がって咲くから目立たないし、すぐに落ちちゃうから見逃しがちだけど、見つけたときには「ラッキー!!」と思える。

 

投資の基礎を学ぼう!!

お助け塾バナー

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE