庭のコーディネートにはアカンサス・モリスがおすすめなワケ!!

植物

花の常識が変わるアカンサス・モリス

アカンサス・モリスの花は縦長で、一見では花に見えない。「これが花なの??」と思うくらい、今までの花の概念が変わる植物!! 庭全体を下草の花の色で賑やかにしながらも、少しだけ控えるコーディネートをすると、庭のフォーカルポイントを作れる

 

アカンサス・モリスは、下草の花の色に頼るコーディネートから、植物の形のコーディネートまで、何にでも使える最強の植物!! 大きな切込みがある葉っぱや艶、背丈が伸びる花は、大きな態度にも見えて、その存在感が特徴。庭全体の植物のコーディネートを考えて植え込むことで活かされる植物。

 

丸い形の花のつぼみが、にょきにょきと上に上に伸びて、大きく出世する感じが気持ちいい。

 

高木の根元の植物のコーディネートを考える時に、ポイントとなる花の色や形を選ぶのも楽しめる。庭のどこに植え込むかによって、庭全体のイメージが変わる植物が、アカンサス・モリス。

 

 

控えめなカラーコーディネートのスペース

IMG_0797

 

建物際の日陰のスペースに植え込む。カラーリーフを中心にして、にょきにょきと背丈が高くなってきた花が目立つ。

 

IMG_0800

 

艶やかさと大きな切込みがある葉っぱに、地味な色の花。カラーリーフのコーディネートの中で、形では存在感があっても、色で邪魔をしない大人の庭(落ち着いた)を作れる。

 

IMG_0803

 

ハアザミと言われるだけあって、とげとげしている花。科名属名:キツネノマゴ科ハアザミ属(アカンサス属)の名前に納得。

 

 

まとめ

アカンサス・モリスの花は、一見すると花には見えないけど、その控え目な感じが、色で邪魔をすることなく、大人の庭を作ってくれる。花は目立たないけど、背丈が高くなり、大きく切込みの入った葉っぱが特徴で、存在感がある。どこに植え込むかによって、庭全体のイメージを変えることができる。

 

投資の基礎を学ぼう!!

お助け塾バナー

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE