無駄なく庭の植物を選ぶ方法とは?

植物

室内が整ってから庭に着手

せっかく庭のスペースがあるのに、何だか殺風景でカッコ悪いなぁって、急に気になり始めることってありませんか? 家を建てた時は「あとから庭をカッコよくしよう!」って意気込んでたのに、いつの間にか3年から5年経ってしまって、結局、殺風景のまま。で、急に「どうにかしたい!」ってなるパターンです。

 

家を建てたときは、まずインテリアの方に意識がいきますよね。自宅をホッとする空間にするには、「自分ワールド」を作るのが大切です。「家が一番いいなあ」なんて思えたら、幸せですよね。そうなると、家が更に愛おしくなったりします。

 

室内のインテリアが整うと、今度は、外からもカッコよくしたいと思うようになります。庭を整えるってヤツですね。ここまで来るのに、だいたい3年から5年ほどかかったりします。

 

 

現状把握から

IMG_3232

 

とは言っても、「どこから手を付けたらいいの?」ってなりますよね。何も計画がないと、ついつい店頭で目についた植物を買ったり、近くを散歩してる時に目に留まった、気になる植物を調べて買っちゃったり!!

 

まずは、庭の現状を知ることから始めると、頭の中がまとまって、無駄がなくなると思います。

【現状把握の2ステップ】

①掃除をする…既存の樹木や下草の枯れた葉っぱをカットしたり、落葉を履く

②全体を遠くから見る…室内からと道路からの両方見て、空きスペースに何があったらいいかを見つける

 

これって、例えば、季節の変わり目に衣替えをしてから、次のシーズンの服を買い足すと、無駄なものを買わなくなるのと似てますよね。自分の好みで選ぶから、ついついよく似たものを買っちゃいますが、ちゃんと現状を知ってから新しいものを手に入れると、無駄なく全体が整います!!

 

 

まとめ

家を建てたときは、まずインテリアをそろえることに全力をそそぐ。自宅をホッとする空間にするためには、室内を整えることが大事。だから庭にまで意識が向かず、「そのうち」と思っていると、いつの間にか3~5年が過ぎて、あるとき急に殺風景な庭が気になり始める。庭をカッコよくするために、まずやることは現状把握。室内からと道路からの、両方から見ると、必要なものが分かる。そうすると、無駄なく全体を整えることができる。

 

投資の基礎を学ぼう!!

お助け塾バナー

お客様の声バナー

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE