手入れなし!! ほかりっぱなしの3月の庭の楽しみは?

植物

何もしなくてもご褒美がもらえる!!

植物の癒し効果はよく知ってるんですけど、庭の手入れとなると、どうもねぇ…。なるべく時間をかけたくないですよね。特に、寒いときや暑いとき!! 庭仕事なんてしたくないです!!

 

という訳で、我が家の庭には、寒いときに、何もしないでも花をつけてくれる、クリスマスローズを植えてあります。一度植え込んだら、ほかりっぱなしでOK!! 2月の終わり頃からつぼみが膨らみ始めて、3月になると、葉っぱよりも多い数の花を付けて、春をお知らせしてくれます。

 

ズボラでも、季節を感じられるカッコイイ庭を作るには、クリスマスローズは最強の味方です!!

 

 

冬には枝だけになる高木の落葉樹の下に、濃い緑色の葉っぱのクリスマスローズを植える。3月になると、花が咲き始める!!

 

 

クリスマスローズの種類によって、草高も、花の付く時期も変えられる。手間なしで、賑やかな春が長く続く。

 

 

3月のひな祭りを過ぎたころには、葉っぱよりも多い花が付き始める。

 

 

茎のピンク色も、更に賑やかな春の庭を演出してくれる。

 

 

まとめ

カッコよく整った庭は、眺めていると気分が良い。だけど、寒い時期に庭仕事をするのは避けたい。そこで活躍するのが、クリスマスローズ。一度植え込めば、手入れをしなくても、2月の終わりにはツボミをつけ始めて、3月になるとたくさんの花が咲く。手抜きでも、ちゃんと花を咲かせるクリスマスローズは、春の庭の立役者。

 

投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE