いつ雑草を抜くと、手間がかからなくなる?

植物

春分の日までが目安

庭の手入れの中で、一番厄介なのは、雑草を抜くこと!! これさえなければ、庭って、心地良くて癒される場所なんですけどね~。

 

雑草を抜かなくても、そもそも生えてこないって状態にできたら、「やっぱり、庭っていいなぁ」って思えるんですよね。雑草の管理なんていう地味な作業は、できる限り、やる時間を少なくしたいところです。

 

一軒家を手に入れた頃は、張り切って手間を惜しまずやってたんですけどね。今となっては、夢の中の出来事に思えるくらいです。とは言っても、汚い庭にはうんざりするんですよね~。

 

という訳で、雑草を生えにくくするポイントがあります。それは、まだ肌寒い3月のうちに、雑草を取り除いておくこと。そうしておくと、夏になっても雑草が生い茂ることがないんです!!

 

これで、庭に出て気持ちのいい5月の連休に、ゆっくりと庭で過ごす時間が作れます!! 3月に雑草を取り除いておいたご褒美ですね。

 

 

三寒四温で、日差しが明るくなる3月10日頃から、少しずつ雑草を取り始める!!

 

 

日陰に植えた、クリスマスローズが満開になっている頃!!

 

 

落葉樹の葉っぱが出始める、クロモジのツボミが開き始める頃!!

 

 

水仙の花が満開でもうすぐ終わりそうな、花の重みで茎が倒れそうな頃!!

 

 

まとめ

キレイに手入れされた庭は、気持ちよくて癒される場所。だけど、手入れに時間をかけたくない。特に、雑草を取り除く作業は、地味だし、取り除いても、また生えてくるから終わりがない。どうにか雑草が生えてこないようにしたいところ。それには、3月中に雑草を取り除いておくのがポイント。そうすることで、夏でも雑草が生えてこなくなる。

 

投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE