マイルを貯めて、ハワイに行く!!

ポイント

カード支払いでマイルを貯める

日々の買い物や月々の支払いにANA(全日空)カードを集中的に使って、貯めたマイルでハワイに行けることになった!! レギュラーシーズンにハワイへ行くのに必要なマイル数は40,000マイル。今までは、よく分からなくて使えてなかったクレジットカードポイント。それを、「マイルを貯めて旅行するぞ!!」と意識を変えたことで、楽しみを手に入れることができた。

 

まずは、なんでもかんでもカード支払いにして貯めたマイルを、ハワイへの無料航空券と交換できるかを確認した。調べてみると、非常に分かりにくい。無料航空券には使えない「プレミアムポイント(ANA)」があったりして、複雑。

 

おまけに、ANAのホームページを読んでも、自分のカードポイントがどうしてマイルに移行できないのか、ちんぷんかんぷん!! 日本語の意味が分からなくなって、電話を掛けてオペレーターに聞いてようやく理解ができた。

 

電話を掛けるまでは、「日本語の読解力が無いことがバレちゃう!」と恥ずかしい思いがあった。今思うと、ひとりひとりのカードの支払い明細が違うから、ホームページの解説だけで分かる訳がない。そもそもオペレーターに聞かないと解決できなかった!!

 

いつもなら、ホームページを読んでも解決できない時点で、挫折してしまうところ。今回は、「無料でハワイに行ける!!」の思いを強く持っていたから、諦めなかった。

 

 

ANAカードの魅力

img_5058

 

LCC(ローコストキャリア)では、ハワイに行けないから、安く行くにはマイルを貯めるのが一番!! ハワイだけを考えるとJAL(日本航空)でマイルを貯める方が、搭乗シーズンに関わらずいつでも40,000マイルで行けるから、お得だと思う。ANAカードは、無料航空券に換えられる提携航空会社が多く、欧州や北米には45,000マイルで行ける。

 

無料で旅行に行ける楽しみは、マイルを貯める時の妄想の時間から始まる。

 

 

まとめ

ANA(全日空)カードで貯めた40,000マイルを使って、ハワイに行けることになった。クレジットカードポイントをマイルに換えて、マイルを無料航空券に換えるのは複雑で諦めそうになったけど、「ハワイに行く!!」の強い思いがあったから、最後にはオペレーターに電話を掛けて、無事に無料航空券に換えることができた。お得に旅行ができると思うと、マイルを貯める間も妄想が広がるし、複雑な交換作業も乗り越えられる。

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE