納税はカードポイントを貯める絶好のチャンス!!

ポイント

国税までもクレジットカードで支払える

2017年1月4日から国税(相続税、贈与税、所得税、法人税など)の大きな金額の税金も、クレジットカードで支払いが出来るようになった。自営業者にとっては、ありがたい変更。ほとんどの納税者が支払う身近な地方税(固定資産税や自動車税や市民税や年金など)の支払いも、クレジットカードが利用出来る。

 

ナゼ、わざわざ手続きをしてまでも、クレジットカードでの支払いをするのかと言うと、カードのポイントが加算されるから!! クレジットカードで支払いをすることで、ポイントが貯まり、電子マネーやマイルに変えられる

 

クレジットカードを使わないと、本当はもらえていたポイント(=お金になる)を、知らないうちに捨てていることに気づいた。

 

 

クレジットカードで納税するメリットとデメリット

IMG_8828

【メリット】

・クレジットカードを利用することでポイントを獲得できる

・インターネットを利用すれば24時間手配できる

・固定資産税や自動車税など納税が重なる月は、支払日を分散できる
 

【デメリット】

・手続きに慣れるまでめんどくさい

・支払い方を考えないと手数料がかかる(クレジットカードによっては、手数料を払った方がポイント還元がイイものもある)

 

 

ポイントを貯める方法とは??

例えば、国民年金保険料をクレジットカードで支払えば、もちろんクレジットカードポイントがつくし、6ヶ月前納や1年前納を選択すれば、割引もある。手数料もかからない。これって、ポイント分だけ丸儲けってこと!!

 

セブン&アイグループが発行している電子マネーの「nanacoカード」に、クレジットカードでチャージして、nanacoで税金を支払うと、チャージや支払手数料は一切かからずに、ポイントを貯めることが出来る。

 

納税でポイントを貯めて、ポイントをお金に換えることで、よりお得感を感じます!!

 

 

まとめ

2017年1月4日から、国税もクレジットカードで支払えるようになった。クレジットカードを使えばポイントがついて、ポイントが貯まれば、電子マネーやマイルに換えられる。現金払いだと何もつかないけど、カード払いだとお金に換えられる!! 今まで現金で払っていた税金も、カード払いにして、ポイントを貯めたい。

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE