無印良品のベーシックカラーにポップなカラーを足していく!

コーディネート

50代からはポップなカラーを小物から取り入れて若々しさを嫌味なくアピール。

 

40代は大人ベーシックカラーのみでカッコイイ女子をアピール。

 

例えば、無印良品のベーシックな

グレー、こげ茶、ネイビー、もちろん、黒。

 

50代になってもシックに見られることは確かに気になる。

 

同じことだけでは、歳を重ねることは老けることになる。

 

今までのモノにカラーを添えると肌色が一段階明るくなる。

 

若々しく見える!

 

今までは水墨画のような色が無い世界に慣れて

イタリアやハワイのような色の世界を取り入れるのってかなり抵抗があった。

 

ふと、子供の頃に新たな年を迎えた時は

新しい洋服を着せてもらった感覚を思い出す。

 

一つ年を迎えて、一つ歳を重ねて、

一つ小さなトライをしてみることに。

 

IMG_9721

▲ホワイトデニムにユニクロのカシミヤマフラー

 

¥4,990.-が¥2,990.-に。

 

ハッキリしたカラーのみお値打ちに。

 

IMG_9724

▲靴下の柄は新年を意識して。

 

マフラーとトーンを合わせて。

 

アミナコレクション ¥500.-

 

IMG_9725

▲靴は黒のエナメルのウイングチップ。

 

パンツと靴はベージックなカラーや形に抑える。

 

まとめ

ハッキリした色を身に着けることで元気になる。

 

面積の少ない小物から入ることで色を取り入れる抵抗感が少ない。

 

娘世代のニャノシマさんと一緒にいることで、50代の自分の現実を視覚で確かめられ、見せ方を考えるきっかけになった。

 

無印良品のデザインをチェック!!

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE