いつまでもウエストは欲しい!NOSS(ノス)のひねりでいただきます。

健康

まったく踊りをやっていない私でも

ゆっくりした動きなので初回から楽しめたNOSS(ノス)。

 

日常の中では少ない大人女子にも好感度アップのしぐさを手に入れる。

 

一緒に会話をしながら身体を動かすことで大人の仲間も作れる。

 

正月太りのなまった体を立春までには修正したい。

 

身体のどこに効果があるのかを意識する。

 

今回は師匠のともちゃんに

ウエストを捻る。

腕の方向と角度。

をポイントにして学んだ。

 

IMG_0641

回り方の足の置き方でウエストへの効果に差が出る。

 

IMG_0645

小さな内股で回る。

 

ウエストに効く。

 

IMG_0647

足をギリギリまで離さないようにする。

 

ウエストにギュッとひねりが入る。

 

IMG_0652

足の動きの後に手の動き。

 

腕の角度はおでこの前に。

 

残りの手を添える。

 

IMG_0624

お茶目につま先立ちでの早い動きも隙間に入る。

 

きんちゃんみたいに走る。

 

まとめ

この足の運びをすればウエストの位置が分かるようになるイメージが湧いてきた。

 

足の運び方がこんな感じなのかとあらためて知って、今までいい加減にやっていたことを知れた。

 

足の動きと手の動きをすることで考えてからの活動は脳に刺激があります。

 

NOSS(ノス)を6分45秒踊ると30分のウォーキングの効果があることにまた近づいてきた。

 

NOSS開催日はこちら

★イベントをクリックすると詳細ページへ飛びます。

[eo_fullcalendar]

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE