リスクの意味を知って「お金の運用」に一歩踏み出せたワケ!!

つみたて投資

資産運用の「リスク」の意味は「危険」⁇

資産運用には「リスク」が付きものって言うけど、「リスク」って、自分が出したお金が減ったり、無くなることだと思ってた!!

元金がゼロになる可能性があることに、これから時間を使って、自分で学んで、情報を集めて、投資先を決めるなんて正気の沙汰ではない。50代からの浅はかな知識で、大切なお金を半ば、一か八かの「ギャンブル」に費やすなんて考えられない!!

だから、殖える可能性はほとんどないけど、減ることの無い、銀行やゆうちょにお金を預けていた。資産運用って、既にある程度の知識や投資先の情報を持っている人だけが出来るコトだと思っていた。

 

「リスク」とは「上下のブレ(不確実性)」の意味だった!!

IMG_6259学んでいくうちに、資産運用における「リスク」の意味はちょっと違うコトが分かった。「リスク」とは「上下のブレ(不確実性)」の意味だった!!

投資信託を例にあげると、預金とは違って必ず増えると保証されているわけでは無い。購入した投資信託の値段が大きく値上がりすれば、大きな利益を得られる。逆に大きく値下がりすると元本が大きく減って、損をする可能性もある。

この、上がるか下がるかなんて誰にも分らず、その「不確実性」を「リスク」といい、値段が上にブレたり下にブレたりする、この「ブレ」のことを意味していた。

「リスクが大きい」とは、「利益・損失のブレ幅が大きい」ことを意味し、損失が大きくなる可能性があるってことになる。

「リスク」=「上下のブレ(不確実性)」

 

リスク(上下のブレ)を小さくする方法とは??

値上がりや値下がりという「不確実」なことは、投資のプロでも分からない。でも、なるべく「リスク(上下のブレ)」を小さくする方法があることを知った!!

【リスク(上下のブレ)を小さくする方法】

  • プロに任せる・・・経験の豊かなプロに任せる。任せ先を選ぶポイントを学ぶ。
  • 積立てをする・・・一定の金額を積み立てるコトで、時間を分散して市場の変動を吸収する。
  • 時間を掛けて運用する・・・長い時間をかけるコトで、元本割れの可能性が減る。短期で大きく儲けようと欲張らない。

資産運用って、自分でアレコレやらなきゃいけないのかと思ってたけど、プロにお任せできるなら手間が省けるし、なにより安心。しかも毎月コツコツ積み立てて、長く続ければ元本割れの可能性が減るとは!! 資産運用って、しっかり学べば全然ギャンブルじゃないんだ~。これならできそう!!

リスクを小さくするポイントの1つの「長い時間をかける」ためには、少しでも早く始めたい。運用の知識と最低限の情報を、ポイントを絞って学んだら、まず始めてみる。それをきっかけに興味の幅を広げて徐々に詳しくなっていく。

一人では不安でも、一緒に運用を学んだ「つみたて仲間」と定期的に確認することで、不安どころか、将来への期待を膨らますことができる♪♪

 

まとめ

資産運用の「リスク」とは、元金がゼロになるという「危険」を意味すると思っていたけど、正しくは、値段が上がったり下がったりする「上下のブレ(不確実性)」を意味していた。

この「リスク=上下のブレ(不確実性)」は、小さくする方法がある。運用自体はプロにお任せして、あとは長い時間を掛けて毎月コツコツお金を積立てれば、元本割れの可能性が減り、殖える可能性の方が大きくなる。これならできる!!

リスクの正しい意味を知って、「お金の運用」に一歩踏み出す勇気が出た!! 一緒に運用を学んだ「つみたて仲間」との交流も、これから長く続けていくチカラになる。

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE