おばあちゃんの知恵かぁ?? 朝の眠たい脳が一瞬で目覚める方法とは!!

季節

寝ぼけた脳に必要なモノ?!

洗面所に日めくりカレンダーを置いておくと、朝の寝ぼけた脳が瞬時に目覚める。支度が整った後で、1ヶ月を一目で見られるカレンダーや手帳に目を通すことで、自分の時間の管理ができることに気づいた。

 

朝起きたばかりの半分寝ぼけている脳を、洗面所に連れて行く。真っ先に、日めくりカレンダーの数字を見ると、寝ていた脳が、瞬時に目覚めることに気づいた。今日は何をする?のスイッチが入る時間が無茶苦茶早い!! 数字を意識することは、今日を自覚する時短になる!!

 

去年までは、月ごとのカレンダーだけを洗面所に置いていた。ひと月を一目で捉えることで、ひと月の前半、中半、後半の位置が分かりやすいと思っていた。でもね~・・・。朝の寝ぼけた脳で、おまけに視力が悪くては、小さな文字のひと月カレンダーを見ても、日にちなんて脳に入ってこなかった!! お気に入りのカレンダーの写真を見て、ニヤニヤしているだけだった。

 

 

おばあちゃんの知恵

img_8529

 

最初に日めくりカレンダーを見たのは、子供の頃におばあちゃんの家にあった、新聞販売店でいただいたもの。ダサいイメージしかなかった。1月の半ばを過ぎる頃になると、めくるのをすっかり忘れて、時間が止まってしまう。日めくりなのに、まとめてめくる。日めくりの意味がなくなって、面倒な厄介者!!

 

だけど、自分で手に入れた日めくりカレンダーは、使い方の目的があるから、めくらない日は無くなる。朝の目覚めに数字を脳に入れると、今日を自覚することが出来る。その後に、月ごとの把握をすることで、ひと月の自己管理に繋がる。

 

朝の目覚めには、やっぱり、おばあちゃんの知恵がありがたいかもしれない。

 

 

まとめ

去年までは、洗面所に月ごとのカレンダーを置いていた。朝の寝ぼけた脳では、小さな数字が並んだカレンダーを、ただぼんやり眺めるだけだった。今年から日めくりカレンダーを置くようにしたら、思わぬ効果があった!! 1つだけ表示された数字を見ると、寝ぼけた脳でも一瞬で今日という日を意識する。今日は何をするんだっけ?とすぐにスイッチが入って、ひと月の時間の管理がしやすくなる。

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE