2月のどんより気分を楽しくするインテリアって?

季節

春を待ちわびる

暮らしの中に季節を感じるものを取り入れると、時間の管理が楽しくできます。目に入ってくるたびに、未来の時間を意識できるんです!!

 

例えば、2月は節分が終わったら、すぐお雛様を飾る!! 立春の2月4日に飾るといいっていう考えもありますしね。2月が来たら、3月のお雛様を飾ることで、次の月を目で確認できる!!

 

この時期は、1年の内で一番寒いし、「何だか1月があっという間に終わってしまったなぁ。何やってたっけ?」ってなりがちです。2月は、遅れを取り戻したいところなんですけど、毎年、落ち込んで、動きも鈍くなっちゃいます。

 

家の中にいる時期でもあるから、考えることが多くなっちゃうんですけど、「考えるよりも、春を意識しよう!!」って思うと、お雛様は春を意識させる効果がバツグンです。何より、この季節にしか飾れないし!!

 

キレイなお気に入りのお雛様を、自分のために飾ると、自分の毎日を大切にできる。目から次の季節を感じられると、毎日の暮らしと、次の月の暮らしを意識できるんですよね。

 

IMG_E5085

 

毎日、必ず目を向ける、窓際の仙台ダンスの上に、ちょこんと居てくれるとホッとする。

 

IMG_E5086

 

いつも変わらない表情でいてくれると、春が来るのを意識できます。

 

 

まとめ

毎年2月は気分がどんよりする。寒さもあって、動きが鈍くなり、大した行動もできないまま、1月があっという間に過ぎたことに落ち込む。だけど、いつまでもどんよりしている訳にもいかないから、春を意識することで、気分の切り替えをする。それには、節分が終わってすぐ、お雛様を飾るのが一番。春が近づいていることを意識できて、毎日を大切にしようと思える。

 

投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE