ハワイの食事は「ブランチ+ハッピーアワー」がお得な3つのポイント!!

旅行

胃袋とお財布に優しい

久しぶりの旅行先では、ついつい、あれもこれもと食べ過ぎてしまう。滞在日数が長くなればなるほど、胃腸の調子がおかしくなる。せっかくならば、旅行の間は、美味しいモノを美味しく食べたい!! 食べきりたい!!

 

という訳で、ブランチ夕食よりも早めでお得なハッピーアワーの1日2食にすることで、胃腸にも、お財布にも優しい美味しい食事をすることにした。

 

ハワイの食事の量は半端なく多い。ギャル曽根さんだったらまだしも、並みの女子は1人分を食べきれない!!

 

img_8005

 

 

3つのお得なポイント

①食事の回数を減らすことでゆっくり食事が出来て、旅行先の限られた時間を有効に使える。

1日2食にして、1回の食事時間をゆっくりとる。食事の支度をしないで、ゆっくり食べられることも、旅行ならでは!! 食事にかかる時間を考えると、1食減らす分だけ、時間を有効に使える。

 

②一皿の量が多いから、1つの料理を2人でシェアすることで、食べ過ぎず、残さず、お財布にも優しい。

あれもこれもと食べ過ぎないようにシェアしても十分な量になる。自分にとっての適量を食べることで、美味しモノが美味しく食べられる。体調を維持して、気になる人気店の評判のモノを食べたい。

 

③夕食には少し早めのハッピーアワーを利用すると、通常の料理が半額で食べられる。

夕食前に口にしたものがブランチだけだから、通常なら夕食にはまだ早いハッピーアワーの時間帯にちょうどお腹が空く。ハッピーアワーの時間はお店によって違うけど、だいたい17時頃から利用できる。通常のメニューを半額で食べられるから、お財布にも優しい。

 

img_7870

 

エッグベネディクトが有名な、Sweet E‘s Cafe(スイート・イーズ・カフェ)のブランチ時間は、いつもの混みあいも無くゆっくり食事が出来る!!

 

img_8007

 

ハッピーアワーの時間帯のWOLFGANG`S(ウルフギャング・ステーキハウス)のメインのステーキは、2人でシェアで十分!!

 

 

まとめ

旅行先では、気になるモノをあれもこれも食べていると、段々胃腸の調子がおかしくなってくる。それを防ぐためには、1日2食にするのがオススメ。3食のうちのどれか1食を抜くのではなく、「ブランチ」と「ハッピーアワーを利用した早めの夕食」の組み合わせがベスト。食べ過ぎを防いで、体に優しいだけでなく、1食分減らせる上に、ハッピーアワーのお得な料金設定のおかげで、お財布にも優しい。

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE