勉強嫌いなのに、ナゼ50代で投資の勉強を始めたのか?

つみたて投資

人生は意外と長い

20代の頃は、ちゃんと働いていれば「この先もどうにかなるさ~」と考えていた。自分がいつか50代になるなんて、想像もつかなかった。実際に50代になって思うことは、65歳からの時間を余生として過ごすには、あまりにも時間が長すぎるってこと。「どうにかなるさ~」なんて考えて、何も準備をしないでいると、65歳からの時間を楽しく生きられない気がする。

 

今は、働く時間が、新卒の22歳から退職の65歳までの43年間。これからは寿命が100歳なんて当たり前になるらしいから、退職後は65歳~100歳の35年間もある。生きる時間が長くなると、65歳からを余生として生きるのって、どう考えても、長いし、暇すぎる!! やることがないのに、時間があるのって耐えられない!!

 

50代になって、生きる時間が長くなることを自覚して、働くことや暮らしを、積極的に楽しむように切り替えた。

 

 

人生の二毛作?

IMG_2184

 

学校を卒業した時に、「やっとテストから卒業できた!!」と、この上ない解放感を味わったほど、勉強が嫌いだった。やらされている感覚からの、解放感しかなかった! 勤めていた頃は、慌ただしく働いて、自分のことを考える時間さえなかった。それが充実感でもあった。

 

そんな勉強嫌いな私でも、個人事業主になって、50代になった頃に、新しいことを学ぶ必要性を、ひしひしと感じるようになった。お金の流れを知ることは、時代の流れが分かること。気になることをちゃんと学び、新しいことに挑戦することで、積極的な楽しい人生を見つけた。

 

まったくの無防備から、お金のリカレント教育の必要性を感じて、勉強を少しずつ始めると、今までの経験が役に立つところと立たないところが、自分で分かるようになって、それが嬉しかった。

 

65歳までどうにか働けば、「よし終了!!」の考え方だと、暇とお金不足で、楽しい未来にはならない。

 

 

まとめ

これからは、100歳まで生きるのが普通になるらしいから、65歳で退職すると、残り35年もある。何もやることがないと、35年はあまりにも長すぎる!! それに、お金が足りなくなったらどうするの? 50代になった今、時間はあるけどお金がない状態だと、65歳からの時間を楽しく生きられないと悟った。積極的に楽しむには、好きな仕事を続けることと、お金が必要。そのために、勉強は嫌いだけど、50代になってからお金の勉強を始めた。そしたら、意外にも、新しい世界を知ることを楽しめている。明るい未来が想像できるようになった!!

 

投資の基礎を学ぼう!!

お助け塾バナー

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE