50歳から投資を始めても失敗しないポイントとは?

つみたて投資

焦る50代

50歳になって、投資の勉強を始めたばかりの頃は、「30代や40代の時に始めておけばよかった」と、ものすごく残念な思いをした。「ナゼ、知らなかったのだろう」と、時間を取り戻せないことへの焦りを感じていた。もし、30代から始めていたら、50代の時点で、お金に対する不安が解消できていただろうに…悔しい!!

 

最初は、投資の勉強をしようと、手当たり次第にセミナーへ行ったり、ネットで情報を探したりし始めた。だけど、情報の中心は、30代からの資産作りがほとんどだった。「50代って、何からやったらいいの?」「どこに行ったらいいの?」「もう遅いから諦めないといけないの?」と、勉強を始めた後の方が、もっともっと焦り始めた。

 

焦りの中には、誰も教えてくれなかったことへの恨みにも似た感情があることに気づいた。人のせいにすることで、楽になろうとしていた。

 

一人で焦って投資の勉強を始めて、パンドラの箱を50代で開けてしまったような、そんな衝撃を受けた。

 

 

ナゼ、焦るのか?

IMG_1782

 

「自分が、ナゼ焦っているのか?」をもっとよく考えてみたら、人と比べることで、自分には時間がないと思い込んでいた。だけど、人と比べるのは無意味。それよりも、「自分で自分の未来を積極的に作りたい」という気持ちが大事。それが、投資を続けるチカラになっている。

 

時間を味方につけることをちゃんと理解すると、50代からでも投資を続けるチカラになって、自分の未来を自分で作れる。実はすごくシンプルな投資の基礎知識さえ理解すれば、時々押し寄せる焦りをコントロールできる。

 

自分の焦る気持ちをコントロールできないと、自分に都合のいいように解釈して、根拠のないものに投資をしてしまう。基礎知識さえ付ければ、それも防げる。

 

 

まとめ

50代になってから投資の勉強を始めて、最初に思ったのは、もっと早く始めておけばよかったってこと。長期投資は時間をかけるほど効果が出やすい。「30代や40代に比べると、自分には時間がない!!」と焦ったけど、人と比べるのは無意味。「未来の自分のために、今の自分ができることは何か?」を考えて、長期投資を取り入れれば、焦りはコントロールできる。まずは、投資の基礎知識を学んで、焦らなくても大丈夫と確認することが大切。

 

投資の基礎を学ぼう!!

お助け塾バナー

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE