50代になっても、変化を受け入れる方法とは?

つみたて投資

変化しないと置いてかれる

50代になったら、将来のお金に対する不安が大きくなって、「このままではマズイ!!」と切羽詰まって投資を勉強して、ようやく長期投資を始めました。ここにたどり着くまでは、自分の中で「今更・・・」って言葉が、何度も出てきてました。

 

50代にもなると、「今までの暮らしを変えたくない!!」って思いが強くなるんですよね。だから、今まで全くやったことのない投資を、新しく暮らしに取り入れるなんて、「大丈夫?できるの?全然わからない世界なのに!!」って不安でした。

 

だけど、投資を始めないことは、返って、暮らしを変えることになるってことに気づかされました。

 

 

新しいことを始めようにも、もう知識のキャパを増やすのは厳しいから、今のキャパから何かを出して、その空いたスペースに、新しい知識を押し込むことになるんですよね。今のキャパも、段々と小さくなってきてるって自覚し始めた50代!! この穴を埋めるには、今が旬の30代から、上質な知識を得るしかない訳です。

 

以前は、変化を恐れてましたが、投資を始めて、経済の流れを意識するようになってからは、世の中は変化するのが当たり前なんだって分かりました。その変化に合わせて、自分も変化しないと、置いてかれちゃうんですよね。変化することこそ、自分の未来の暮らしを守る方法だって気づきました。

 

仮想通貨時代の波も、「よく分からない!! 怖い!!」って無視してたら、変えたくないはずの自分の暮らしを、変えざるを得なくなっちゃうかもしれない。ちゃんと変化を知って、自分の暮らしを守っていきたい!!

 

 

まとめ

50代にもなると、今までの暮らしを変えたくないという思いが強くなる。だから、新しいことを取り入れるのが億劫になる。だけど、世の中は刻々と変化しているから、頑なに変化を拒んでいると、現状の暮らしを維持できなくなる。世の中の変化に合わせて、自分も変化することが、自分の未来の暮らしを守ることになる。ただ、変化への対応力も段々落ちてくるから、情報処理が早い30代のチカラを借りることにしている。

 

投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE