子どもの投資教育。何から始める?

つみたて投資

未成年と投資

先日、親子で投資の塾の説明会に参加していただきました。そのとき、子どもにお金の教育のチャンスを与える大切さを知りました!!

 

お母さんは、「どうしたら、子どもが自立して暮らしていけるんだろう」って考えて、お金のことを学ぶことにしたようです。子どもの年齢に合ったタイミングを見て、チャンスだけを差し出す。あとは、しっかり「見守る」というスタンスです。

 

 

ご参加いただいた息子さんは、17歳!! 思春期で、友だちとの遊びが楽しい頃なのに、ちゃんと学ぶ場所に来られるって、凄いですよね!! 中々できないと思います。よーくお話を聞いてみると、親自身が学ぶことの大切さを知ってるんですよね。学ぶだけじゃなく、もちろん実行もしてます。継続と諦めない姿勢が、暮らしの中にあるんです。

 

これって、レアケースですよね。現実は、学ぶことに時間とお金をかける人って、少ないです。

子どもは、親を選べない!!

親は、自分が知らないことでも、否定するんじゃなくて、信じて協力してあげることが、大切なんじゃないですかね。

 

日本では、投資の教育がされてないから、将来がある子でもには、チャンスを与えてあげたいですよね。私は、50歳を過ぎてから、長期投資の威力を知ったから、余計にそう思います。大切な時間は、返ってこないですからね!!

 

 

まとめ

長期投資は、時間をかける程、大きくお金が殖えていくから、なるべく早く始める方がいい。もっと言うと、子どもの頃から知識を持って始めていれば、将来の可能性を広げることができる。だから、子どもの投資教育は大切。だけど、親の考え方に左右されるのが現実。まず、親が子どもの将来をしっかり考えて、今何が必要かを把握して、チャンスを与えてあげたい。

 

投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE