投資が必要だと思えるまでが結構時間がかかった!

つみたて投資

50代から「貯める・保つ・楽しむ」を始めた丹羽です♪

 

今日は、「投資が必要だと思えるまでが結構時間がかかった」ってことを書きたいと思います。

 

親から教わったことは、「働かざるもの食うべからず」でした。私はこれを、「働きさえすれば、食べていける」って意味だと信じてました。

 

振り返ってみると、30代は、目の前の仕事をこなして、住宅を手に入れるための頭金を作ろうと必死でした。頭金を作って、住宅ローンを少なくすれば、働いているうちに返すことが出来るから、将来は心配ないって考えていたんです。

 

 

ところが、40代も半ばを過ぎたころには、「お金が足らない!」って現実を知ることになったんです。歳をとって、働けなくなってからの生きる時間が、いつまでなのか分からないですしね。お金を殖やす作業を積極的にやらないと、貯蓄を切り崩すだけの暮らしがやって来るんです。それに気づいてからは、ふとした瞬間に不安に駆られる毎日に耐えられなくなっていました。

 

今できることは、働いたお金をなるべく安全に殖やすこと。2014年に始まっていたNISAがきっかけとなって、長期投資の考え方を知りました。おかげで、少しずつ不安がなくなって、明るい将来を描くことができるようになりました。

 

 

投資の基礎を学ぼう!!

スクリーンショット 2017-10-24 17.56.56

スクリーンショット 2017-10-24 17.29.13

 


お金のサポート

FPサービスSERVICE